TOEFL

【2019年テンプレ大公開】TOEFL iBTライティングセクション攻略法の徹底解説!

この記事では、TOEFL iBT Writing セクションの攻略法をお伝えしていきます。テンプレートも大公開していますので、ぜひ参考にしてください。

 

★この記事の流れ★

1.Writing セクションのおすすめ勉強法
2.Writing セクションのおすすめ解き方

大前提

TOEFL iBTは2019年8月1日より「問題数」「時間」が変わります。インターネット上には,変更前の情報が氾濫していますから,十分注意して情報収集してください。詳しくは,以下の記事をご覧ください。特に,過去問演習の際は「形式が変更されること」を頭に入れたうえで取り組んでみてください。

【最新2019夏】TOEFL iBTの出題形式が大幅変更!新テストの注意点まとめ。2019年5月に,ETSから衝撃的な発表がありました。なんと,2019年8月からTOEFL iBTの出題形式が変更されるということなので...
ライティングに関しては変更ナシです。

 

Writing セクションの勉強法

最近、効率的な英語学習方法について様々な議論が交わされています。

 

TEDトークでシャドウィングこそ至高!
オンライン英会話で喋りながら覚えるわ!
CNNの市販教材が良いらしい!

 

……。

ハッキリ言いますが、これらのような勉強方法はTOEFL iBTに直結しません。というのも…

一般的な英語学習法
≠TOEFL iBTの学習法

なのです。つまり、日常会話をペラペラにする目的で英語を勉強しても、TOEFL iBTのスコアには直結しないんです。

例えば、TOEFL iBTの出題はアカデミックな内容が多いです。TOEICのような日常シーンは、あまり扱われません。

 

ですから、TOEFL iBT対策はTOEFL iBT対策として完結させたいところです。そこで、この記事ではTOEFL iBT 対策として私がおすすめする100%近道の勉強方法を2か月という期間を想定してご紹介します。

 

勉強の流れ

Readingに必要な勉強

1)テンプレ暗記
2)パラフレーズのコツを習得
3)スキマ時間にブレインストーミング練習
4)過去問演習

 

という流れになります。テンプレートの使用については是非が分かれるところですが、私の見解ではTOEFL iBTスコア90upまではテンプレートで対策可能です。

純正の日本人が文化の違う言語で自然な表現を書けるようになるのは、残念ながら非現実的です。さらに、20分~30分で数百文字を書くことが求められますが、テンプレなしでは十分な文字数を確保できません。我々にできることは、テンプレートという型に英語圏の論理を落とし込んで利用することではないのでしょうか。

 

テンプレ暗記

 

Writingでは計2題出題されます。1問目は講義型を聞いて提示される文章と比較する記述(Integrated Task)、2問目は適当なトピックに関する自由記述(Independent Task)となっています。

さらに、1問目(Integrated Task)は150~225words、2問目(Independent Task)は300wordsが望ましいと問題文の最初に提示されます。したがって、それぞれの問題に適する英語の論理構造を使ったテンプレートを用意する必要があります。簡潔に言うと、以下のようなテンプレを用意する必要があります

 

テンプレの構造

★1問目
筆者と話者の対比構造

★2問目
論説文の構造

 

これらのテンプレを使いこなせば、1問目(Integrated Task)は300words、2問目(Independent Task)程度は450wordsも書くことが可能です。実際、私もこのテンプレに助けられ本番では手が止まることはありませんでした。それでは早速テンプレート大公開としましょう。

 

1問目のテンプレート(Integrated Task)

The author and the lecture are both talking about ( A&B ). However, the professor claims that ( B ), and he refutes the main points made in the reading passage. The three points of view between the two parties are presented as follows.

First of all, the lecture argues that ( B ). This idea questions the writer’s point of view that ( A ). In addition, he states that ( B ). He also mentions that ( B ).

Second, the speaker takes the position that ( B ). This standpoint is also opposed to the claim in the article that ( A ). In his opinion, he tells that ( B ). Furthermore, he notes that ( B ).

Finally, the professor goes further to make a point that ( B ). This viewpoint also refutes the writer’s view that ( A ). In the lecture, he says ( B ). According to the lecture, the speaker points out that ( B ).

Therefore, the main points made by the professor cast doubt on the main points made in the reading passage.

( A )は筆者(話し手)の主張、( B )は著者(書き手)の主張とします。

 

2問目のテンプレート(Independent Task)

Recently in modern society, people’s sense of values has been more diverse from person to person, and they have various opinions as to ( +&ー ). Some people argue that ( - ). Others contend that ( + ). If asked, those groups would present compelling arguments to corroborate their assertions. As far as I’m concerned, I adopt a firm position that ( + ). I would like you to give one opposite opinion and one supporting reason why I came to the conclusion.

First of all, we must acknowledge the fact that ( - ). Furthermore, it’s time that ( - ), but ( + ).

On the other hand, ( + ). For example, ( + ). I believe that this is the case for many other people as well. In fact, it seems that ( + ).

In conclusion, while I recognize the possible advantages of the idea that ( - ), I would agree with the opinion ( + ).

( + )はあなたの主張、( - )は対立意見とします。

 

テンプレート解説

1問目のテンプレート(Integrated Task)に関しては、( A )にリスニングの内容、( B )にリーディングの内容を入れることで、キレイに英語の対比構造を表現することができます。2問目のテンプレート(Independent Task)に関しては、( + )にあなたの主張,( ー )に対立意見を入れることで、譲歩構文をうまく用いて自分の意見を主張することができます。

それでは、実際に自分がテンプレートを使うとき何に気をつければよいのでしょうか。それが次に紹介するパラフレーズという考え方です。

 

パラフレーズのコツを習得

Writingではパラフレーズが大切になってきます。パラフレーズとは、ある表現を違う語句で言い表すことです。英語圏の文化として

「同じ言い回しはできるだけ避ける」

という慣習があります。例えば上のテンプレートの各段落で

・the lecture argues that
・the speaker takes the position that
・the professor goes further to make a point that

がパラフレーズを利用しています。3文とも同じ意味を表していますが、違った言い回しを利用していますね。もっと単純には

・also
・furthermore
・in addition

というように「さらに」という表現をパラフレーズしています。これはテンプレだけでなく、みなさんが実際に打ち込む内容もパラフレーズする必要があります。テンプレートに接続詞や主節のパラフレーズは入っていますから、みなさんが実践するのは動詞・名詞・形容詞・副詞のパラフレーズがほとんどだと思います。

厳密に言えば、各品詞や文型によってパラフレーズの仕方が異なってきます

 

しかし、名詞・形容詞・副詞のパラフレーズは語彙力の問題になってきます。詳しくはコチラの記事をご覧ください。

 

スキマ時間にブレインストーミング練習

この勉強方法は、主に2問目(Independent Task)の対策になります。続きはコチラの記事をご覧ください。

 

過去問演習

過去問演習では、『The Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM』を使います。

 

さらに、もっと演習を積みたい方や時間に余裕がある方は、以下の追加課題にもトライしてみてください。

 

余裕がある人へ

①『Official TOEFL iBT Tests Volume 1, 2nd Edition (Official Toefl iBT Tests)』

②『Official TOEFL iBT Tests Volume 2 (Official Toefl iBT Tests)』

③『TOEFL iBT® Interactive Sampler』(ETSの公式HPから無料ダウンロード)

④『TOEFL iBT® Test Questions 』(ETSの公式HPから無料ダウンロード)

①5回分の過去問
②5回分の過去問
③1回分のパソコン上の過去問
④PDF上で1回分の過去問

 

そもそもなんで過去問演習から始めるの?

 

はい。答えは至極単純で、TOEFL iBTはパソコンを用いた特殊なテストだからです。

iBTは〝Internet based testing〟の頭文字です。

 

つまり、パソコンで受けるテストにおけるコツさえつかんでしまえば、いとも簡単に高得点が取れてしまうのです。よく比較される例としてIELTSが挙げられますが、IELTSは筆記試験なので紙を使った勉強方法が効果的でしょう。(IELTSについてはコチラの記事をご覧ください)

 

私の友達は、日本人著者による参考書や紙ベースの模試を用いて勉強していたのですが

 

あれ…。前の問題に戻るボタンってどこ…?
間違えた問題を直すにはどうしたら…?

 

という状況に陥っていました。そんな大惨事になる前に、公式のPC上の過去問を解くのは当然のことでしょう。まずは敵を知るところから始めるのです。ここまでを復習しましょう。

 

ここまでのまとめ

★テンプレ暗記
★パラフレーズのコツを習得
★スキマ時間にブレインストーミング練習
★過去問演習

さて、次は具体的な学習計画です。

 

学習計画

TOEFL iBTの学習計画の立て方については、以下の記事をご覧ください。

【2019年度決定版】TOEFL iBT対策!スコア80を目指すための勉強方法とは?TOEFL iBTの効果的な学習計画の立て方をお伝えします。スコア80を目指すために必要なコツやテクニックも公開しています。...

 

Writingセクションの解き方

Writingセクションでは、上で書いたことが練習できていれば基本的には満足のいく点数が取れるはずです。Listeningではメモを取るなというアドバイスをさせていただきましたが、Writingではメモが命です。メモの取り方については、コチラの記事をご参照ください。ここまで対策すれば

 

Writingは完ペキ!

 

と思うかもしれません。しかし、1つだけ落とし穴があります。本番で使用するキーボードが日本式のキーボードと配置が違う可能性があるのです。わたしがTOEFL iBTを初めて受験した時は

 

え…。アポストロフィーってどこにあるの…。

 

キーボード中のアポストロフィーを探すという、極めて無駄な時間を作ってしまいました。このような事態にならないようにぜひコチラの記事をご参照ください。

 

まとめ

お疲れさまでした。以上がWritingセクションのおすすめ勉強法・おすすめ解き方です。少しでもお力になれれば幸いです。

【まとめページ】2か月でTOEFL iBT86点を取った勉強法!TOEFL iBT全セクション攻略法の決定版。スコア80を目指す皆さんへ、おすすめ参考書から問題の解き方まで、ノウハウを全てお伝えしていきます。...
【2019年決定版】おすすめオンライン無料英会話!スピーキング対策の勉強法決定版。TOEFLスコア80・IELTS7.0を目指す皆さんへ、無料でアウトプットの機会を得られるツールを紹介していきます。...
【まとめページ】IELTS Overall 7.0を目指すための勉強方法!IELTS全セクション攻略法の決定版。スコア7.0を目指す皆さんへ、おすすめ参考書から問題の解き方まで、ノウハウを全てお伝えしていきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です