Listening

【2019年決定版】TOEFL ibt リスニングセクション攻略法の徹底解説!

この記事では、TOEFL iBTにおけるListeningセクションの攻略法をお伝えしていきます。まず最初に、この記事でお伝えしたいことをまとめておきます。

★この記事の流れ★

1.Listening セクションのおすすめ勉強法
2.Listening セクションのおすすめ解き方

大前提

TOEFL iBTは2019年8月1日より「問題数」「時間」が変わります。インターネット上には,変更前の情報が氾濫していますから,十分注意して情報収集してください。詳しくは,以下の記事をご覧ください。特に,過去問演習の際は「形式が変更されること」を頭に入れたうえで取り組んでみてください。

【最新2019夏】TOEFL iBTの出題形式が大幅変更!新テストの注意点まとめ。2019年5月に,ETSから衝撃的な発表がありました。なんと,2019年8月からTOEFL iBTの出題形式が変更されるということなので...

 

Listening セクションの勉強法

最近、効率的な英語学習方法について様々な議論が交わされています。

 

TEDトークでシャドウィングこそ至高!
オンライン英会話で喋りながら覚えるわ!
CNNの市販教材が良いらしい!

 

……。

ハッキリ言いますが、これらのような勉強方法はTOEFL iBTに直結しません。というのも…

一般的な英語学習法
≠TOEFL iBTの学習法

なのです。つまり、日常会話をペラペラにする目的で英語を勉強しても、TOEFL iBTのスコアには直結しないんです。

例えば、TOEFL iBTの出題はアカデミックな内容が多いです。TOEICのような日常シーンは、あまり扱われません。

 

ですから、TOEFL iBT対策はTOEFL iBT対策として完結させたいところです。そこで、この記事ではTOEFL iBT 対策として私がおすすめする100%近道の勉強方法を2か月という期間を想定してご紹介します。

 

勉強の流れ

Listeningに必要な勉強

1.スキマ時間にアプリで耳慣らし
2.過去問演習

という流れになります。

大前提として、TOEFL iBTではListeningが最も必要とされる能力になります。なぜなら、Readingを除くすべてのセクションでListeningの内容をもとにして解答しなくてはならないからです。

Speakingは6題中4題、Writingは2題中1題がListeningに基づく問題です。

 

スキマ時間にアプリで耳慣らし

TOEFLリスニング-TOEFL Plan
TOEFLリスニング-TOEFL Plan
開発元:Nan Chao
無料
posted withアプリーチ

 

コチラのアプリがおすすめです。音質が少々悪いのが欠点ですが、無料にして問題数が豊富です。通勤通学のスキマ時間、寝る前の15分間などなど、スキマ時間を有効活用してひたすら問題をこなしていきましょう。

 

過去問演習では『The Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM, 5th Edition』を使います。

 

え…全部英語?

 

という方はこちらを使ってください。

日本語だと2018年11月時点で4thエディションが最新です。5thエディションを使うのがベストですが、特に大きな変更点はありませんので英語の参考書に苦手意識がある方は上記日本語バージョンを利用するとよいでしょう。

 

さらに、もっと演習を積みたい方や時間に余裕がある方は以下の追加課題にもトライしてみてください。

余裕がある人へ

①『Official TOEFL iBT Tests Volume 1, 2nd Edition (Official Toefl iBT Tests)』

②『Official TOEFL iBT Tests Volume 2 (Official Toefl iBT Tests)』

③『TOEFL iBT® Interactive Sampler』(ETSの公式HPから無料ダウンロード)

④『TOEFL iBT® Test Questions 』(ETSの公式HPから無料ダウンロード)

①5回分の過去問
②5回分の過去問
③1回分のパソコン上の過去問
④PDF上で1回分の過去問

 

 

なんで過去問演習から
始めるの?

 

はい。答えは至極単純で、TOEFL iBTはパソコンを用いた特殊なテストだからです。

iBTは〝Internet based testing〟の頭文字です。

 

つまり、パソコンで受けるテストにおけるコツさえつかんでしまえば、いとも簡単に高得点が取れてしまうのです。よく比較される例としてIELTSが挙げられますが、IELTSは筆記試験なので紙を使った勉強方法が効果的でしょう。(IELTSについてはコチラの記事をご覧ください)

 

私の友達は、日本人著者による参考書や紙ベースの模試を用いて勉強していたのですが

 

あれ…。前の問題に戻るボタンってどこ…?
間違えた問題を直すにはどうしたら…?

 

という状況に陥っていました。そんな大惨事になる前に、公式のPC上の過去問を解くのは当然のことでしょう。まずは敵を知るところから始めるのです。ここまでを復習しましょう。さて、次は具体的な学習計画です。

 

学習計画

TOEFL iBTの学習計画の立て方については、以下の記事をご覧ください。

【2019年度決定版】TOEFL iBT対策!スコア80を目指すための勉強方法とは?TOEFL iBTの効果的な学習計画の立て方をお伝えします。スコア80を目指すために必要なコツやテクニックも公開しています。...

 

Listeningセクションの解き方

Listeningは置いてかれてしまう…
何かコツとかないのかしら…

 

そんな方がたくさんいらっしゃると思います。結論から先に言ってしまいましょう

Listeningの解き方

1)問題形式と頻出パターンを確認
2)メモは取らない
3)冒頭は特に意識を集中させる
4)聞き逃しても大丈夫

以上がListeningセクションの解き方になります。ネット上にはよく

 

Listeningには
8つの出題パターンがあるので
暗記しましょう。

 

というような意見も見かけますが、出題の種類を暗記したからといって必ずしも得点に繋がるわけではないでしょう。上で書いた4点に関して最低限おさえておけば、満足する点数は取れるはずです。

どうやらスコア100点upを目指す方々は出題バリエーションを暗記するようです

 

ただし、頻出パターンはおさえておく必要があります。最低限の構造は把握しておきましょう。以下で詳しく見ていきます。

 

問題形式と頻出パターンを確認

Listeningには、お決まりのパターンがあります。各セットの1問目は、こんな問題がよく出題されます。

 

先生!レポートが書けません!ヒントを下さい!
○○みたいなヒントもあるけど俺のセミナーに来た方が早いぞ!
セミナーはいつやっているんですか?
毎週水曜日の午後14時~だ!
水曜日は生物学の授業が入っています!何か方法はないでしょうか?
TAに見てもらったらどうだ?
そうします!ありがとうございます!

 

こんなストーリーです。お分かりいただけたかと思うのですが、基本的なストーリー設計は生徒が教授に相談→何かしら裏切られる→代替案の模索というようなものになっています。

各セットの2問目3問目は教授の講義を聞く内容になります。この講義ではListening中に

 

このような形式の黒板に書かれたメモが提示される場合があります。講義の中盤ではこの黒板に書かれた用語に関する話が展開することになります。講義形式の問題を前半・中盤・後半に分けるとすれば

Listeningの流れ

前半:講義の導入。これから話す内容の背景ときっかけ
中盤:黒板の用語に関する説明
後半:将来の話。実社会への応用や今後の展望など

というようなパターンに収束します。この大まかな流れさえつかんでおけば、万が一聞き逃してしまっても落ち着いて取り組むことができます。

黒板のメモが提示されない場合もあります。

 

メモは取らない

TOEFL iBTのリスニングでは、メモを取ることは非効率極まりないです。みなさんの中には、ワーキングメモリという言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

 

ワーキングメモリは、別名「作業記憶」とも呼ばれ、人間が一時的に記憶を溜めて自由に取り出して使う領域のことを指します。つまり何が言いたいかというと、リスニング1題解いている間であれば人間はワーキングメモリにトーク内容を蓄えておくことができるのです。

各大問が終了すれば、終わった内容を覚えておく必要はありませんからワーキングメモリからさっさとデータを追い出せばよいのです。わざわざメモを取りながら聞くと注意力が散漫になり重要な部分を聞き逃してしまう可能性が高いです。毎日のListening学習で、ワーキングメモリにデータを蓄積させる感覚を身につけてみてください。

 

冒頭は特に意識を集中させる

Reading同様、Listeningでも冒頭にトークテーマが提示されることが多いです。しかし、上に書いたように冒頭のトークテーマは高確率で裏切られます。つまり、冒頭のトークテーマを把握した後は

 

このテーマが裏切られるんだろうな~
このテーマを否定した将来の展望やまとめで終わるんだろうな~

 

と予想を立てながら聞けばよいのです。このような方法を取ることで、私はスコアを急上昇させることができました。

 

聞き逃しても大丈夫

ここは精神論になってしまうのですが、上に書いた3点さえ頭に入れておけば多少聞き逃したところで大したことありません。Listeningで一番の敵は焦りです。1か所聞き逃すことで焦り、その焦りが次の焦りを引き起こしてしまうのです。

 

少しくらい聞き逃しても大丈夫!

 

このような姿勢でListeningに臨んでみてください。

 

まとめ

ぜひ、これらの学習法・解き方を使うことでBESTスコアを目指してください。

【まとめページ】2か月でTOEFL iBT86点を取った勉強法!TOEFL iBT全セクション攻略法の決定版。スコア80を目指す皆さんへ、おすすめ参考書から問題の解き方まで、ノウハウを全てお伝えしていきます。...
【2019年決定版】おすすめオンライン無料英会話!スピーキング対策の勉強法決定版。TOEFLスコア80・IELTS7.0を目指す皆さんへ、無料でアウトプットの機会を得られるツールを紹介していきます。...
【まとめページ】IELTS Overall 7.0を目指すための勉強方法!IELTS全セクション攻略法の決定版。スコア7.0を目指す皆さんへ、おすすめ参考書から問題の解き方まで、ノウハウを全てお伝えしていきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です