ベトナム

【音声あり】ベトナム語の母音を初心者向けに分かりやすく解説!

ベトナム語は文法が単純である一方で,発音が非常に難しい言語として有名です。フランス統治時代の影響から,今でもアルファベットを用いるベトナム語ですが,英語と同じ「ノリ」で発音しては全く通じません。同じ母音「a」でもたくさんの種類があるのです。

そこで,この記事ではベトナム語の母音について音声を利用しながら発音をまとめていきたいと思います。

★この記事の流れ★

ベトナム語の母音について
 種類
 発音
 覚え方
をまとめていきます!

この記事での内容は初学者の理解度を優先しているため正確性に欠ける点があります。

 

ベトナム語の母音

いよいよ本題に入っていきます。ベトナム語の母音は,全部で12種類あります。

ア系… a, â, ă
イ系… i, y
ウ系… u, ư
エ系… e, ê
オ系… o, ô, ơ

「○○系」と書いたのは,日本語と同じ音を表すとは限らないからです。例えば「â」は日本語のオに近い音を出します。
「i」と「y」は同じ音なので母音は11種類とする考え方もあります。

 

まずは聞いてみよう!

それでは,12(11)種類の母音を実際に聞いてみましょう。

口を大きく開ける「a」


 

aの短母音「ă」

 

ơの短母音「â」

 

口を横に引っ張る「i(y)」

 

唇を突き出す「u」

 

イの口でウと言う「ư」

 

口を大きく開ける「e」

 

日本語と同じ「ê」

 

口を大きく開ける「o」

 

口をすぼめる「ô」

 

ゲップをするように「ơ」

 

 

母音を分類してみよう!

実際の音がイメージできたので次は母音をグループ化していきます。「長さ」「口の大きさ」「下の位置」で分類した後に,分かりやすく母音を図示してきたいと思います。

 

長さで分類!

母音を発音の長さでグループ化してみます。

●短母音:â, ă
●長母音:a, i(y), u, ư, e, ê, o, ơ, ô

 

口の大きさで分類!

次は母音を口の大きさでグループ化してみます。

●口を大きく開ける:a, ă, e, o
●口をすぼめる:â, i(y), u, ư, ê, ô, ơ

 

舌の位置

最後は母音を舌の位置でグループ化してみます。

●舌が前:i(y), e, ê,
●舌が真ん中:a, ă, â, ư, ơ
●舌が後ろ:u, o, ô

 

分かりやすく図示!

以上の分類を図に表してみました。

母音のタイプ早見表

 

初心者はこう覚えろ!

ここでは初心者におすすめの覚え方を紹介します。

●日本語と似ている発音
ア系… a(短母音はă)
イ系… i(y)
ウ系… u(口はすぼめる)
エ系… ê
オ系…  ơ(短母音はâ)

●日本語と異なる発音
ư:イの口でウと言う
e:口を大きく開けてエと言う
o:口を大きく開けてオと言う
ô:口をすぼめてオと言う

 

まとめ

ベトナム語には日本語の2倍近くの母音が存在しています。発音が命と言われているベトナム語ですので,「母音」「子音」「声調」はぜひマスターしてほしい要素になっています。しかし実際には

 

旅行で少し使ってみたい!

 

と考えている人が多いのではないでしょうか。そのような方に

 

母音・子音・声調を全部マスターしろ!

 

なんて言っても無理ですよね…。そこで私の記事では,旅行や留学初期で楽しくベトナム語を使えるということを目標にして情報をお伝えしています。旅行でも留学でも「楽しく」学習することが一番大切なことです。ぜひこの記事を参考にして楽しいベトナム生活を送ってくださいね。

 

そもそもベトナム語ってどんな言語なのかな?
日本語とどんな違いがあるのかな?

 

このような方々はコチラの記事をご覧ください。

【まとめページ】ベトナム語の単語・声調・参考書をまとめます!この記事は,ベトナム語関連の記事のまとめページです.以下で,項目ごとに記事をまとめていますので,ぜひ参考にしていただければと思います。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です