プログラミング

【競プロ精進日記】ABC127-B

本記事は管理人が競技プログラミングを始めたため,その精進日記としてログを取ったものです。アウトプットして積極的にモチベーションを上げていく作戦です。記事目次は以下をご覧ください。

内容は管理人の推測や恣意的な感想を大いに含みます。もし間違い等ありましたらご指摘ください。あくまでも参考程度にお願い致します。

【競プロ精進日記】目次まとめ ABC Atcoder Beginner Contestの過去問を解いています。最低限のコメントと一言が添えられています。 ...

概要

今回の問題はABC127-B「Algaeです。

再帰関数を利用して10行の出力を行うという問題です。一般に再帰関数はメモリを食うアルゴリズムではありますが,10回程度なので素朴な再帰関数で今回は実装してみたいと思います。

c++

#include <bits/stdc++.h>
#define _GLIBCXX_DEBUG
#define rep(i, n) for (int i = 0; i < (int)(n); i++)
#define repi(i, a, b) for (int i = (int)(a); i < (int)(b); i++)
using namespace std;

int r=0, D=0, x=0;

// 再帰関数定義
int calc(int r, int D, int x){
  return r * x - D;
}

int main(){
  cin >> r >> D >> x;
  rep(i, 10){
    // 再帰関数実行
    x = calc(r, D, x);
    cout << x << endl;
  }
}

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です