ベトナム

【海外初心者向け】ビザとは何か?分かりやすく徹底解説!

海外旅行について調べてるとよくビザって聞くけど何のことなのかな?
ビザって移住する人が必要だから自分には関係ないんじゃねえか?

 

みなさん「ビザ」が何かって説明できますか…?海外によく旅行する方なら聞いたことのある言葉だと思います。留学予定者であれば,今ちょうど取り組んでいるところでしょうか。

この記事では海外旅行に馴染みのない人や,これから海外に行く予定でビザの知識がない方に向けて,「ビザ」とは何かを徹底解説します!

★この記事の流れ★

ビザとは一体何なのかを徹底解説します!
 パスポートとの違い
 ビザが必要な理由
 ビザの種類
 注意点

 

まずはパスポートとの違いをチェック!

ビザとは何かを知るためにはまずはパスポートとの違いから考えていきましょう。

 

パスポートとビザの違いを一言で!

みなさんおなじみの「パスポート」ですが,日本語では「旅券」と言います。パスポートは自国で発行することにより

 

俺は〇〇人だ!

 

と証明するものになります。対して,ビザは日本語で「査証」と言います。ビザは相手国が発行することにより

 

私は△△国に出入りする資格があるわ!

 

と証明するものになります。

 

パスポートとビザの違いを詳しく!

パスポートとビザの違いを分かりやすいように表にまとめてみました。

パスポートビザ
日本語旅券査証
発行者自国の政府相手国の政府
発行場所各都道府県の旅券窓口大使館/領事館
目的自国籍の証明相手国への入国の資格
冊子型パスポートに記入/貼付
電子型
手数料5年:11,000円
10年:16,000円
相手国が定める

 

どうですか。ビザとは何かを大体イメージできましたか。

 

そもそも何でビザなんてあるの?

ではそもそも,なぜビザが必要なのでしょうか。

 

昔の人間はいちいち許可なんて取っていなかったはずですわ。
毎回旅行するたびにビザを作るなんて面倒だわ…

 

そうですね…。もちろん昔の人は入国のためにビザなんて必要なかったでしょう。しかし,世界各国が様々な形で影響しあっている現在では,いろいろな国に自由に出入りできるようでは国が混乱してしまいます。少し根拠を3つ挙げさせてもらいますね。

 

<根拠1>働く機会の確保をするため

もし日本に大量のアメリカ人が入り込んできたらどうなるでしょうか?あるコンビニ店員Aさんはより優秀なアメリカ人Bさんに仕事を奪われてしまいます。

 

Hey, ジャパニーズ!僕に任せておいて!
ああ…英語も喋れないし体力もない僕はダメだ…

 

<根拠2>パスポートの証明をするため

ビザがなかったら,偽物のパスポートが通用してしまいます。

 

日本のパスポート持っているから入れてくれや。
私はCという名前だ。

 

これでは,新しい犯罪がたくさん起きてしまいます。

 

<根拠3>結局は自分の国のことをコントロールするため

もしビザがなければ,仕事を失う人が増えてたくさんの犯罪が起きるでしょう。しかし,それらが起こってから

 

やっぱり君と君は帰ってね。君は大丈夫、それから…

 

というのは「時すでに遅し」というやつです。つまり,一言で言えば自分の国をコントロールするために世界各国はビザを発行しているのですね。

 

ビザに種類ってあるの?

ビザの種類は入管法という法令によって27種類に定められています。その中でも,大きく分けて「働くことが認められる」「働くことが認められない」の2種類のビザがあります。

例えば,働くことが認められるビザとは外交、教授、報道、医療…などの分野であり,我々の生活に根ざした必要不可欠な業種が多いです。働くことが認められないビザとは留学、旅行、短期滞在…などであり,一時的な入国に限られている場合が多いです。

このように,本来ビザの目的とは「自国の労働」を守るための規定であることが分かります。

 

日本に入るためには必ずビザが必要なの?

先ほどもお伝えしましたが,ビザがなくなっては怪しい人がたくさん入ってくる危険性があります。しかし,逆に考えてみてください。外国人を厳しい基準で入国制限していたら,ほとんど鎖国状態になってしまいませんか…?世界中の国々が国境を越えて影響しあっている現在では,多少なりとも外国人の助けが必要になってきます。

例えば,最近中国人の「爆買い」が話題になりましたね。中国人が日本へ旅行に来てたくさんのお金を使うことで,日本の経済が潤い良い影響を与えるのです。このような理由から,日本政府は短期間の滞在や旅行目的であればビザは不要であると定めています。

旅行でもビザが必要な国など例外はあります。

 

ビザ取得の注意点

最後に,みなさんがビザを取得するうえで注意するべきことをまとめていきます。

 

ビザが必要でない国もある!

日本から別の国に入国する際に,ビザが必要でない国もあります。それは,目的や滞在日数にもよりますが日本という国は世界的な信用度が高いので

 

日本人なら大丈夫だ!

というようにビザが免除される場合もあるのです。

 

ビザには有効期限がある!

ビザには,この日まで使えるという有効期限があります。しっかり確認してビザを取得しないと,不法滞在として罰金を払わされる可能性があります。

 

ビザ発行には時間がかかることがある!

ビザは公的な証明書なので,予想以上に発効までに時間がかかることがあります。

 

明日から留学だから今日の午前中に領事館でビザを発行してくるわ!

 

というのはいくら何でも遅すぎです。さらに,発行場所が多くの申請者で混みあっていて,自分の番が回ってこない場合があります。ビザの発行は,余裕をもって計画してくださいね。

 

ビザは意外と高い!

先ほどもお伝えした通り,ビザは公的な証明書なので料金は高めです。例えば,ベトナムに半年滞在するためには10,000円以上必要ですので,お金の方も余裕をもって準備してください。

 

ビザの規定はコロコロ変わる!

世界各国のビザの規定は,特に発展途上国などでは変わりやすいです。ネット上の情報は古い場合があるので,鵜呑みにしすぎないように気をつけてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外旅行に行くのにも一苦労という感じですが,ビザという制度があるおかげで自国は保護されているのです。これらのことを頭に入れておけば,ビザ申請も苦でなくなるかもしれませんね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です