ベトナム

【初心者向け】SIMカードとは?買い方から使い方まで

みなさんは海外旅行でスマホが使えなくて不便に感じたことはありませんか。私も留学中Wi-Fiがないところでスマホが使えず悩んでいたところ留学先で現地の友達に

 

SIMカードを使えば格安でスマホが使えるわよ!

 

と教えてもらい,無事Wi-Fiがなくてもスマホが使えるようになりました。私自身,SIMカードという言葉は聞いたことはありましたが

 

なんか難しそう…。手続きも面倒くさそうだしSIMカードはいいかな…。

 

と思っていました。しかし,いざSIMカードを作ってみるとその簡単さに驚きました。非常に単純な仕組みですので,ぜひみなさんにはSIMカードを買っていただいて快適に海外での生活を送ってほしいです。

そこで,この記事では初心者に向けてSIMカードとは何かから買い方、使い方まで徹底解説したいと思います。

★この記事の流れ★

SIMカードとは何かを分かりやすく解説します。そして,実際にどのように使うかどこで買うのかまで分かりやすく解説していきます。

 

そもそもSIMカードとは…?

SIMカードとは,一言でいえば「スマホの身分証明書」のことです。

ちなみにSIMとは「Subscriber Identity Module」の頭文字です。

 

1つのSIMカードには1つの電話番号が対応します。そして,電話番号を保有することでdocomoやauなどといった大手キャリアの通信回線を使えるようになるのです。つまり,SIMカードというのは電話番号と通信回線を結び付けて使えるようにする証明書なのです。

SIMカードがなくてもWi-Fiは使えます。つまり,解約した後の機器本体でもWi-Fiは使えるということです。

 

SIMカードってどんな形をしているの?

そんなSIMカードですが,現在種類のSIMカードが流通しています。

①標準SIMカード
②mini SIMカード
③micro SIMカード
④nano SIMカード
⑤e-SIMカード

しかし,実際にはほとんどの最新機種で「④nano SIMカード」が使用されています。

④nano SIMカード

このように非常に小さなカードになっています。

⑤e-SIMカードは「virtual SIMカード」とも言われ,アップルwatchなどに搭載されているソフトウェア化されたAppleの特許技術です。

 

なんでSIMカードが必要なの?

それじゃあ何でSIMカードなんて必要なのかしら?
1つのスマホに1つの電話番号を対応させればいいんじゃないか?

 

非常に鋭い指摘ですね。たしかに,SIMカードなんて無くしてしまった方が便利だと感じるかもしれません。しかし,SIMカードというのはいわば携帯端末と通信業者の橋渡し的役割を果たします。たとえば,Appleはdocomoやauのように通信回線の事業は大きく展開していませんよね。それだけスマホ端末の開発に力を入れているということです。

これから分かるように,SIMカードというのは「スマホ端末」のテクノロジーを「通信業者」のテクノロジーを同時に発展させていくために必要なのです。また,SIMカードがあることで1つの端末で2つ以上の電話番号を運営することができます。

 

SIMカードってどこで買うの?

SIMカードはほとんどの場合携帯契約の際に付属しています。つまり,みなさんの手元にスマホがあれば,みなさんはすでにSIMカードを持っているのです。また,海外では空港がメジャーな購入場所になります。

しかし空港のSIMカードはローカル店舗に比べて割高な場合が多いです。

 

他にもショッピングモールや町中の通信業者,SIMカード専門店などで購入することができます。ちなみに,私がベトナムで購入したSIMカードはベトナム大手通信業者の「mobifone」です。

 

SIMロックって…?

よく聞く言葉として「SIMロック」というものがあります。これは,SIMカードの海外使用に大きく関わります。SIMロックというのは,大手キャリア会社による一昔前の囲い込み戦法です。というのも,SIMカードに使用制限(ロック)をかけることで顧客を囲い込もうとしたのです。

 

ウチで買ったSIMカードはウチでしか使えないよ~

 

当時,携帯が普及し始めてからは通信業者の方が携帯端末業者より権力を持っていました。ですから,通信業者は携帯端末を作る業者に

 

お金あげるから安く端末を売ってよ~
(その代わりに通信料を爆上げして大儲けだぜ…)

 

というような戦法で,我々にとっては一見格安の携帯かと思わせておいて,実は使っていくうちに通信業者が大儲けする仕組みが出来上がってしまったのです。これを見かねた政府は

 

そろそろ自分たちだけで顧客を独占するのはよしなさい

 

と注意喚起を行ってきました。そしてついに,2015年に政府から「SIMロック解除義務」命令が下されるのです。これにより大手キャリア会社はSIMロック解除をするようになりました。これは携帯通信業界に大きな激震を走らせました。

一方,一般市民の我々にとってはメリットの方が大きいでしょう。なぜなら,SIMロックが解除されることで携帯端末さえあれば自分でキャリアを選べるからです。docomoやauなどといった大手キャリアはもちろんのこと,最近よく聞く「格安スマホ」の通信業者に乗り換えることも可能になりました。そしてなにより海外でもSIMカードを購入することで海外の回線を使えるようになったのです。

 

SIMカードを使えるようになるまで

以下では,海外でSIMカードを使って現地の回線を利用するための方法を解説していきます。

ベトナムでの方法をお伝えしていくので国によっては少し違いが出てくる可能性もあります。

 

SIMカード利用までの流れ

①SIMロック解除(日本or海外)
②SIMカード購入
③SIMカードチャージ
④電話番号登録
⑤APN設定

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

SIMロック解除

SIMカードを使うためには,まずSIMロックを解除する必要があります。こちらは日本でも海外でも可能ですが,日本でやってしまった方が楽に済ませられるでしょう。キャリアにもよりますが,SIMロック解除には条件があります。それは例えば

 

契約してから○○日以上経過していないと解除できないよ
ある特定の機種じゃなきゃ解除できないよ
契約者本人じゃなきゃ解除できないよ

 

といった類のものです。またSIMロック解除方法は,ネットor電話or店頭の3種類であることが多いです。方法によっては料金が請求されるケースがありますのでご注意ください。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

海外でSIMロックを解除される方は「SIM unlock」などといった看板を目印にお店を探しましょう。海外でもSIMロック解除は可能です。

 

SIMカード購入

こちらは,上でもお伝えしたように現地の空港や通信業者,SIMカード専門店などで購入することができます。それに加えて,日本でも現地のSIMカードを購入できるケースもありますが,ほとんどの場合割高になってしまうので現地で調達するのがベターです。私がベトナムで購入したのは「mobifone」という通信会社の「2か月契約で2G/日」というパックでした。

 

安っ!!

 

そうですよね。日本の感覚からすると,ベトナムの通信料は破格です。この料金は「規定量のネット通信+20秒/日の通話」のみしか含まれておりませんので別途通話料として300円程度チャージしました。

一点注意点ですが,お持ちの携帯端末とSIMカードの周波数帯が合わなければ使うことができません。iPhoneやXperiaなどといった有名な機種であれば問題ないことが多いですが,比較的マイナーな機種の場合は周波数帯を確認してから購入することをおススメします。

 

SIMカードチャージ

SIMカードの中にはデータ通信料自体がプリペイド式のカードも存在します。そのようなカードでは,購入時に必要な分だけ現金をチャージする必要があります。

 

電話番号登録

SIMカードを購入してチャージまで完了したらあとは設定系のみです。「mobifone」の場合はSIMカードを差した状態で端末を返してくれます。電話番号はSIMカード購入時のケースに書いてあります。

こちらの電話番号を携帯端末に登録していきます。

【iosの場合】
「設定」→「電話」→「自分の番号」

【androidの場合】
「設定」→「端末情報」→「端末の状態」→「SIMのステータス」

SIMカードの種類によっては既に電話番号が登録済みのこともあります。

 

APN設定

APNとは「Access Point Name」の頭文字で,端末をネット通信に接続させるために必要な情報です。難しそうに思えますが設定は単純です。

SIMカードによってはこの設定が不要な場合もあります。「mobifone」は不要でした。

 

【iosの場合】
「構成プロファイル」をインストールします。SIMカード購入時にインストール先のURLが記載されているはずなので、そちらのURLから構成プロファイルをインストールしてください。

【androidの場合】
「設定」→「モバイルネットワーク設定」→「アクセスポイント名」で通信業者の情報を入力してください。

お疲れ様でした。以上でSIMカードの設定は終了です。これでめでたく海外でスマホを使えるようになりました!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

SIMカードは聞いたことあったけど私には関係ないと思ってた…

 

このような方も多いのではないでしょうか。海外旅行ではスマホが命と言っても過言ではありません。逆に言えば,スマホさえ手元にあればたいていのことは解決できます。さらに常にネットを使える状態であれば,海外でもさほど不便な状況になることは少なくなるでしょう。ぜひみなさんも,SIMカードを利用して快適な海外生活を送ってくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です