ベトナム

【意外と知らない?】ベトナムのコンセントってどんな形をしているの?

ベトナムのコンセントってどんな形してるのかな?
日本のコンセントって使えるの?

 

みなさんはベトナムのコンセントがどのような形をしているか知っていますか?私も留学直前になって

 

あれ…?もしかして日本のコンセントをそのまま使えないのか…?

 

と気付いて慌てて変換プラグを用意しました。しかし,その変換プラグはベトナムでは使用しませんでした。

 

なんでベトナムで変換プラグを使わなかったの?

 

この記事では,ベトナムのコンセント事情についてまとめていきたいと思います。旅行や留学でベトナムに行かれる方は,ぜひ参考にしてみてください。

★この記事の流れ★

ベトナムのコンセント事情について解説していきます。
 どんなをしているの?
 日本のコンセントはそのまま使えるの?
 日本で何を用意すればいいの?

 

コンセントの形

ベトナムのコンセント

ベトナムで使用するコンセントはこんな形をしています。見たことありますか…?よく見てみてください。このコンセント。日本のコンセントも入ります。

 

え…?ベトナムでも日本のコンセントが使えるってこと?!

 

そうとは限らないんですね…。たしかに,コンセントそのものは挿入できるかもしれません。しかし,ベトナムは日本と電圧がちがいます。日本の電圧はAC100Vです。

ACは「Alternating Current」の略で交流であることを表します。

 

それに対してベトナムの電圧はAC220Vとなっています。コンセントの形は違えど,供給される電圧が異なるんですね。

日本の電圧(AC100V)は世界で1番低いです。

 

ですので,日本の電圧でしか対応していない家電製品をベトナムで使うとショートする恐れがあります。しかし実際には,日本で売っている製品は海外電圧に対応しているものも多いです。入力電圧(INPUT)が「AC100V~240V」となっていれば海外電圧に対応しています。

一般にAC100~240V対応であれば全世界で使用可能とされています。

 

日本のACアダプター

パソコン機器や携帯電話であればほとんどの製品が海外電圧に対応しています。中には対応していない商品もあるので,しっかり確認してから試用するようにしてください。パナソニックによると,私のパソコンのACコードが海外電圧未対応でしたのでAmazonで留学前に急いで購入しました。また,ベトナムでは日本のコンセント以外の形をしたコンセントもありますので,変換プラグも用意しておくことをおすすめします。

 

注意点

ここまでお伝えしておいて裏切るようなのですが,日本の製品は電圧さえ海外対応であれば海外でも使用出来ます。パソコンの例でいえば,ACアダプタさえ海外電圧に対応していればACコードを買う必要はないのです。

アダプタとコードの注意点

●ACアダプタ=電圧に注意
●ACコード=電流に注意

 

なぜなら,日本の電圧は世界最低ですので日本の製品は(同じ消費電力で比べると)世界で一番大きな電流が流れやすいということです。ですから,日本の製品は大量の電気を流せる設計になっています。アダプタ部分の電圧さえ海外電圧に対応していれば,海外で使用する分には電流が小さくなるだけですので問題ありません。

しかし例えば,パナソニックでいうとPanasinic公式HP

 

ACコードは海外未対応だから別に用意してね!

 

と発表しています。

東芝もACコードは未対応だと発表しています。(東芝公式HP

 

ですので,公式に発表されているのにもかかわらず日本のコードを海外で使うときは自己責任になります。私は保険の意味もかねて海外対応のACコードを購入しました。

 

まとめ

この記事ではベトナムのコンセント使用方法をお伝えしました。海外旅行のときに一番困るのは電源の取り扱いではないでしょうか。電圧、消費電力、電流…,それぞれに注意しながら準備を進める必要があります。しかし,上でお伝えした通り基本的に電圧さえ対応していれば日本の製品は海外で使用できます。逆に,海外の製品を日本で使う場合は要注意です。

なぜなら,日本の方が電圧が低く同じ消費電力で比べるとたくさんの電流が流れてしまうからです。

 

実際は,日本の製品を構わずバンバン使ている方も多いです。意外と使えてしまうものが多いですから

 

電源コードはやわじゃない!

 

と調子に乗ってところ構わず使ってしまうケースもあります。しかし実際に,電源の違いを知らずにホテルのコンセントを壊してしまったりするという話もよく聞きます。壊してしまってからでは遅いです。

 

どうせ使えるっしょ!

 

という安易な考えは捨てて保険の意味もかねて海外対応のケーブルを準備されることをお勧めします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です