ベクトル解析

【2020年版】元文系京大生がおすすめするベクトル解析の参考書

ネット上におすすめ参考書がたくさんありすぎてどれを選べばよいのか…
本屋さんに行ってもどれがよい参考書なのか分からないわ…

 

この記事では、上のような方々に向けて私が厳選した「圧倒的良書のみ」紹介していこうと思います。

★この記事の流れ★

「ベクトル解析」の圧倒的良書だけをポイントを絞って紹介していきます。

<STEP 1>高校生から分かるベクトル解析

あらゆる分野で初学者向きの本を出版されている、涌井先生の良書。前半のくどいくらいの高校内容の復習が、後半の内容に面白いほどつながってきます。ベクトルの微積分はもちろんのこと、ベクトル解析で欠かせない「grad」「div」「rot」も丁寧に解説されています。

 

<STEP 2>マセマシリーズ

出ました!大学生の救世主こと「マセマ」です。マセマの特徴としては、難しいところから逃げずに「全部数式で理解する」ことに徹底している点です。ベクトル解析は、頭の中のイメージ(定性)と数式(定量)を結びつける必要がありますが、両者を結びつけるうえでマセマは欠かせません。

マセマの線形代数は定期テスト対策で最も力を発揮するでしょう。しかし、決してテクニックに終始しているわけではなく、原理原則に則った説明がなされているので心配なさらずに。

 

<STEP 3>サイエンス社

昔から語り継がれる名著です。サイエンス社からは本書以外にも数冊、ベクトル解析に関する演習書が出版されていますが本書が一番のおススメです。かの有名な寺田先生が書かれた演習書であり、サイエンス社といえば少しお堅いイメージがあるものですが、本書は非常に柔らかく書かれています。

 

<STEP 4>工学基礎演習シリーズ

こちらの本は、ベクトル解析に関する式の導出が非常に丁寧です。豊富な演習問題を用いて、ベクトル解析の本質を探求していくような本です。辞書的な使い方はもちろんのこと知識の総ざらいとして活用できる1冊になっています。

 

試験前はこいつで復習!

私が激推ししている名著です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【これ1冊で解決!】大学院数学演習書の決定版。大学院数学のおすすめ参考書を初学者向けにお伝えしていきます。定期テスト満点を目標に、レベル別に分けて解説していきます。名著を厳選しています。...

 

まとめ

最近、テレビ番組やニュースで「人工知能」「AI」という言葉をよく聞きます。AIやIoTが世の中を変えていくこの動きは「第四次産業革命」と呼ばれており、社会現象となっています。数年前と比べブームは収まってきましたが、AIやIoTが我々の生活を大きく変えることは間違いないでしょう。

社会の半分の仕事がAIに奪われてしまうなどと言われている今、私たちにできることは「どの時代にも生きる基礎学力」を身につけることではないでしょうか。基礎学力さえあれば、社会の流れがどの方向に変わっても周りに流されずに自分自身の力だけで何が必要で何が不必要なのか判断することができるでしょう。

 

今はディープラーニングが流行っているからとりあえず深層学習を勉強するぜ!
人工知能を勉強すれば将来役に立ちそう!

 

みなさんは流行に身を任せて「なんとなく」勉強していませんか?超流動的な社会である今、我々はどの時代であっても普遍な力を身につけたいところです。普遍的な力って何でしょう。私は「数学」こそ、どの時代でも変わらないただ1つの力だと思っています。

みなさんも、ぜひ当サイトの記事を参考にしてどの時代にあっても普遍的な力を身につけてくださいね。おすすめ参考書の続きは、こちらをご覧ください。

【まとめページ】元文系京大生がおすすめする数学の参考書大学数学のおすすめ参考書を初学者向けにお伝えしていきます。定期テスト満点を目標に、レベル別に分けて解説していきます。名著を厳選しています。...
【まとめページ】元文系京大生がおすすめする情報学の参考書情報学のおすすめ参考書を初学者向けにお伝えしていきます。定期テスト満点を目標に、レベル別に分けて解説していきます。名著を厳選しています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です