アカデミック

【第4回 変数】元文系京大生による超初心者向けPython入門講座

本記事は,python入門講座シリーズの内容になります。その他の記事は,こちらの「Python入門講座/実践講座まとめ」をご覧ください。ターゲットは主にpythonを使ったことがない人向けで,簡潔で分かりやすい説明を心がけています。

内容に誤りがありましたら,ご指摘いただけますと非常に助かります。

読みたい場所へジャンプ!

今回のお題

数学とは異なる変数という考え方を,正しく理解して使えるようになろう!

 

写経

まずは,上の写真と同じ内容をセルに書き込んで,実行(Shift+Enter)してみてください。

 

ポイント

harmony = "Doremi"

# ↑↑なにやってるの??

今回のポイントは,harmonyです。コイツって,いったい何なのでしょうか。

 

解説

今回のお題でやっていることを簡単に言うと,「代入」です。

 

ん?代入って数学のアレ?

 

意味合いとしては数学の代入と同じように使われていますが,プログラミングでいう代入とは「箱に入れる」ことを指します。例えば,今回の場合はharmonyという箱にDoremiという文字列を入れています。ですので,print()の中身に「””」の付いていないharmonyを指定しても,箱の中身のDoremiが文字列として認識されるのでパソコンは怒りません。

代入をするための箱のことを「変数」と呼びます。代入も変数も,数学とは少し違う文脈で用いられることが多いので,注意してください。変数を使うことで,大量のコードを書くときに,誰が読んでも分かりやすいコーディングをすることが可能になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です