政治

【超初心者向け】普天間基地移設問題とは?辺野古基地や米軍との関係を分かりやすくまとめてみた!

本記事は教養記事シリーズその2です。その他の教養記事はコチラの目次をご覧ください。

★この記事の流れ★

 普天間基地とは?
 辺野古基地とは?
 何が問題なの?
 沖縄の状況は?

本記事は初学者の理解を優先しているため正確性に欠ける場合があります。致命的なミスはご指摘いただけますと助かります。

 

普天間基地について

普天間基地の様子
普天間基地ってそもそもどんな場所なの?
辺野古と何が違うの?

沖縄には,アメリカの陸海空軍と海兵隊の基地があります。そのうち普天間基地は,沖縄にあるアメリカ海兵隊の飛行場にあたります。ここでは簡単に歴史を振り返ってみたいと思います。

普天間基地のはじまりは第二次世界大戦中の沖縄戦です。1945年の沖縄戦の最中にアメリカ軍は宜野湾村にある一部の集落の中に強制的に基地を設営しました。これが普天間基地の始まりです。1951年にはサンフランシスコ講和条約を締結することにより日本は主権を回復し,1972年には沖縄が変換され施政権を得ることになりますが,沖縄には依然として米軍基地が残った状態となりました。普天間基地では,以下のような問題が生じていました。

普天間基地の主な問題

●騒音
●事故の危険性
●周辺が市街地

例えば2004年には米軍のヘリが大学構内に墜落しています。

問題に火を点けたのは1995年に起こった米兵による少女暴行事件です。この事件をきっかけに,世論が米軍基地の移設/閉鎖/返還を求めるようになります。1996年には,当時の首相である橋本龍太郎氏は「沖縄に移転先を作る」という条件の下でアメリカと普天間基地を5~7年以内に返還することで合意しました。

この移転先の候補として挙げられたのが辺野古地区だったのです。1999年には辺野古への基地移設が閣議決定されます。

しかし2009年には当時首相の鳩山由紀夫氏による「基地の移設先は最低でも県外」発言により問題はさらに複雑化してしまいます。結局は沖縄の中での移設に落ち着きます。

 

辺野古基地について

辺野古の様子
なぜ移転先が辺野古なの?
辺野古はどういう場所なの?

普天間基地の移転先として選ばれたのが辺野古です。理由としては以下が挙げられます。

辺野古が移転先に選ばれた理由

●既存の基地(キャンプ・シュワブを利用可能)
●住宅街から離れている
●海上にヘリポートを設置できる

しかし,辺野古移設への反対意見も根強いです。理由は以下の通りです。

辺野古移設への反対理由

●サンゴやジュゴンなどの生態系への影響
●排水や排油などによる環境汚染
●漁業への影響
●県内でのたらいまわしに過ぎない

 

沖縄の動向

沖縄の知事選は混乱した

2012年12月に発足した第2次安倍政権の下で,当時沖縄県の知事であった仲井真弘多氏は辺野古沿岸部の埋め立てを承認しました。しかし,2014年には名護市長に稲嶺氏が,沖縄県知事に翁長氏が当選しました。両氏は辺野古移設に反対派であったため,国と沖縄県の対立がさらに表面化しました。

辺野古は名護市に位置しています。

翁長知事は2015年に辺野古移設の取り消しに取り掛かかりましたが,結局最高裁判所で敗訴することになります。

2018年には,名護市長に渡具知氏が当選しました。そして同年8月には翁長知事が急逝してしまいます。同年9月には,玉城氏が沖縄県知事に当選しています。玉城氏は,普天間基地の返還/閉鎖を要求しつつも辺野古移設に反対とする立場を取っています。

 

まとめ

普天間基地移設問題は,途中で複雑化するものの,一度は合意された辺野古移設という方針に対して「妥当」とするか「移転先は決められないが返還/閉鎖を要求する」という立場同士の争いです。今後の動向に注目したいきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です