教養

【超初心者向け】お寺と神社の違いとは?それぞれの参拝方法まで分かりやすく解説します!

本記事は教養記事シリーズその12です。その他の教養記事はコチラの目次をご覧ください。

★この記事の流れ★

 お寺と神社の違いって?
 どうやってお参りすればいいの?
 タブーはあるの?

本記事は初学者の理解を優先しているため正確性に欠ける場合があります。致命的なミスはご指摘いただけますと助かります。

お寺と神社の違い

お寺と神社の違いとして1番簡単な見分け方は,「お墓や仏像のある所がお寺で,鳥居があるのが神社というものです」。宗教的な考え方で言うと,「仏教の考えに基づくのがお寺で,神道の考えに基づくのが神社」ということになります。

神道とは日本の土着の宗教で,古代から現代に続く民族宗教です。(出典:神道国際学会
土着というのは先祖代々住んでいる土地のことを指します。

日本人がお葬式を行うのは仏教に基づくお寺です。神社では死をけがれたものとみなすので,基本的に神社でお葬式を行うことはありません。また,「○○寺/△△院」はお寺であることが多く,「〇〇社/△△院」は神社であることが多いです。

 

お寺の参拝方法

まずはお寺の参拝方法をまとめておきます。神社の参拝方法とは大きく異なる点がありますので,注意してください。

お寺の参拝方法

1.山門(合掌/一礼)
2.手水舎(左手→右手→口→左手→柄杓の柄)
3.お線香/ろうそく
4.お賽銭
5.合掌/一礼
6.お線香
7.山門(合掌/一礼)

1.山門(合掌/一礼)

お寺の入り口である山門は,神社でいうところの鳥居のようなものです。仏様への敬意を示すために胸の前で手を合わせて一礼してから入ります。

右足から入ることが作法とされています。

2.手水舎

手水舎(てみずや)では柄杓を使って身を清めます。そのとき,5つの部分をお清めするということを頭に入れておきましょう。順番は,左手→右手→口→左手→柄杓の柄です。

口は左手で清めます。

3.お線香/ろうそく

本堂前にお線香やろうそくがある場合は焚きましょう。注意点としては,人のお線香やろうそくから火をもらわないようにしましょう。

火をもらうと悪い行いまでをももらってしまうとされています。

4.お賽銭

本堂では,お賽銭を入れます。このとき,小銭を投げ入れるのではなくそっと入れるように注意しましょう。

お寺は死者の魂が静かに眠っている場所ですので大きな音を立てるのはNGです。

5.合掌/一礼

胸の前で手を合わせて一礼をします。この際に,決して拍手をしてはいけません。上でも説明したように,大きな音を立てることは控えましょう。

6.お焼香

お焼香がある場合は,右手の親指/人差し指/中指の三本でお香をつかみ,左手を添えて額の前に挙げます。回数は一回で構いません。

7.山門(合掌/一礼)

山門を出る際には,入るときと同じように合唱と一礼をしてから出ます。

 

神社の参拝方法

次に神社の参拝方法をまとめておきます。お寺の参拝方法とは大きく異なる点がありますので,注意してください。

お寺の参拝方法

1.鳥居(一礼)
2.参道(端を通る)
3.手水舎(左手→右手→口→左手→柄杓の柄)
4.拝殿(一礼/鈴/お賽銭/二礼二拍手一礼)
5.鳥居(一礼)

神社ではお寺と異なり「お線香」「ろうそく」「お焼香」はありません。
お線香やお焼香は香りを通して仏様に食べ物を与えるため,ろうそくは身を清めるために行います。

1.鳥居

鳥居は神聖な場所への入り口であることを意味していますので,神様への敬意を示すために一礼してからくぐります。

2.参道(端を通る)

鳥居から神前に向かう道である参道はの中心は,神様が通る場所だとされているので端を通るのがお作法だとされています。

3.手水舎

手水舎での身の清め方はお寺の場合と同じです。順番は,左手→右手→口→左手→柄杓の柄で,口は右手で清めます。

4.拝殿

神様の前まで来たら,まずは一礼をします。神社では,お寺とは異なり音を出すことで神様へのお知らせや敬意を示します。ですので,まずは鈴を鳴らしましょう。その次に,お賽銭を入れて二礼二拍手一礼をします。

神社では住所と名前を心の中で唱えて感謝の意を伝えるようにすると良いとされているようです。

5.鳥居(一礼)

鳥居から出るときも入るとき同様に一礼してから出るようにします。

 

まとめ

お寺と神社ってこんなに違うんだ…
どこでも二礼二拍手一礼だと思ってた…

お寺や神社に行かれる際には,ぜひご作法を守ったうえでお参りしていてください。万が一マナーを忘れてしまっても,尊敬の気持ちや感謝の意を忘れないようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です