プログラミング

【競プロ精進日記】ABS編<3>

本記事は管理人が競技プログラミングを始めたため,その精進日記としてログを取ったものです。アウトプットして積極的にモチベーションを上げていく作戦です。記事目次は以下をご覧ください。

内容は管理人の推測や恣意的な感想を大いに含みます。もし間違い等ありましたらご指摘ください。あくまでも参考程度にお願い致します。

【競プロ精進日記】目次まとめ ABC Atcoder Beginner Contestの過去問を解いています。最低限のコメントと一言が添えられています。 ...

AtCoder Beginners Selection

AtCoder Beginners Selectionの問題を1から解いていくシリーズです。使用言語はc++とpythonです。今回はABC081A Placing Marblesです。

c++

#include <bits/stdc++.h>
#define _GLIBCXX_DEBUG
#define rep(i, n) for (int i = 0; i < (int)(n); i++)
using namespace std;

int main() {
  string s;
  int ans = 0;
  cin >> s;
 // for文を回す。「1」が文字列stringではなくcharである必要があることに注意
 // charは" "ではなく' 'なのでさらに注意
  rep(i, 3){
    if (s[i] == '1') ans++;
  }
  cout << ans << endl;
}

for文を使いましょうという問題。私がよくやるミスとして,intの初期化を忘れるという問題があります。初期化しないと,訳の分からない数字が出てくるため,注意が必要です。

python

s = list(input())
# リスト内包表記で要素をintにする
s = [int(s[i]) for i in range(len(s))]
print(sum(s))

pythonの文字列操作は強いですね。inputをstringとして受け取り,listにすれば1文字ずつのリストに変換されます。そのリストの要素を全てintに時変換した後に,リスト内の要素の総和を求めます。2行目はリスト内包表記です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です