レビュー

【ネタバレあり】ドラマ「リーガルハイ(第2期)」レビュー&解説・考察!

この記事はレビュー記事シリーズのドラマ「リーガルハイ(第2期)」編です。キャストや使用楽曲,あらすじ等をザっと振り返った後に,全体を通して考察を加えていきます。レビュー記事の目次はレビュー記事のまとめページをご覧ください。

U-NEXT
★U-NEXTのココがおすすめ!★
作品数が多い
毎月1200ptもらえる
最新作の配信開始が早い
アダルト作品も充実
雑誌も配信中
テレビ再生可能
シンプルな操作画面

★U-NEXTのココがイマイチ!★

値段が高い
月額料金¥1,990(税抜)
ポイント毎月1,200ポイント
作品数14万作品以上

詳細ページ公式ページ

評価

管理人のレビュー:

気を楽にして観られるドラマです笑。超ユニークなキャラクター達が繰り広げるストーリーは中毒性があります。それでいて,たまーに私たちにメッセージを突きつけてくるあたり,高く評価される理由が納得できます。

以下,基本的にネタバレを含んだ考察になりますのでご注意ください。また,個人の見解も含まれます。

 

主なキャスト

●堺雅人(古美門研介)
●新垣結衣(黛真知子)
●加賀蘭丸(田口淳之介)
●服部さん(里見浩太郎)
●三木長一郎(生瀬勝久)
●沢地君江(小池栄子)
●井手孝雄(矢野聖人)
●岡田将生(羽生晴樹)
●黒木華(本田ジェーン)
●古舘寛治(磯貝邦光)

 

主な受賞

●ザテレビジョンドラマアカデミー賞

 

使用楽曲

●オープニング: 9nine「Re:」
●エンディング: RIP SLYME「SLY」

 

あらすじ

★一言でまとめると…★

「正義とは何か?!」面白いのにメッセージも残る斬新なストーリー!

お金が全て。弁護士の役割は顧客の要望を叶えること。自分の役割は裁判に勝つこと。無敗神話をもつ弁護士,古美門研介は事務員の服部さんと一緒に古美門法律事務所を運営している。黛真知子は,「古美門先生に勝つ」ことを目標として古美門法律事務所に弟子入りしている。

数々の裁判を経験していく中で,黛は「正義とは何か」という問いにぶち当たる。古美門先生のように勝利にこだわるのが弁護士の役割なのか,それとも勝ち負けにこだわらず依頼者を幸せにすることが正義なのか,黛はその答えを出せずに悶々としていた。

古美門は安藤貴和の裁判で味わった敗北と屈辱を晴らすべく,ご近所トラブルや天才作家を相手にしていく。蘭丸にスパイ的な役回りをさせたり,黛に雑用を丸投げしたりして見事勝利を重ねていったのだが…。最後に立ちはだかったのは「ゆとりの国の王子」羽生晴樹だった。

 

感想/解説

言わずもがな,本作品のテーマは「弁護士にとっての正義とは何か」です。第1期とは異なり,古美門の正義の真反対を象徴する人物が羽生という男です。この男は,勝ち負けなんぞどうでもよく,世界が明るく幸せになればそれが一番(ラブ・アンド・ピース)だと考えています。黛は,この両者のちょうど中間的なポジションに位置するようになります。

古美門にとっての正義をおさらいしておくと,裁判に勝つことです。なぜなら,裁判に勝つことが依頼者の願いだからです。一見すると世界が平和になりそうな羽生くんのアイディアに共感できる方も多いのではないかと思います。しかし,物語でもあるように,羽生くんは古美門先生に結果としては大敗北することになります。

古美門の言葉で最も刺さったのは,「幸せは我々が決めるものではない」というセリフです。その通りです。羽生が幸せにしたご近所トラブルを抱えた2つの家庭も,復活したあじさい文具も,羽生が想像する幸せの枠内に収めただけにすぎないんです。

このような観点から,人々を幸せにするのは真実だけなのではないかと考えさせられました。真実を捻じ曲げることは,捻じ曲げる人の恣意性が必ず入り込みます。人の幸せは自分では決められませんから,もし弁護士が真実を捻じ曲げたとすれば,その時点で弁護士は正義に背くことになると思います。

ここでふと感じたことは,真実を明らかにするのは検察の役割であって,あくまでも弁護士は依頼者を擁護する役割をするべきなのではないかという点です。弁護士に真実などという概念は関係あるのでしょうか。(ここでいう真実とは,証拠に基づき判断される事実のことを指します)

この関係に着目したのが,第2期のクライマックスです。検察の証拠隠蔽という背景から,なんと古美門と黛は「新しい真実を被告と共に作り上げて」しまったのです。ここでは,重要なポイントは2点あるように思えます。

1点目は,検察と戦う裁判であったという特徴から,今回は真実に着目せざるを得なかったという点です。2点目は,被告と共に真実を作り上げるという点です。被告が仲介していることで,弁護士が真実を捻じ曲げる恣意性を排除しているのです。

なかなか凝られた構成だと唸らされました。黛が「真実を作り上げる」と言い,古美門が「正解だ」というシーンは,激アツシーンです。

 

「リーガルハイ」を無料で楽しむ方法

こちらの記事でも解説している通り,基本的には「U-NEXT」と「TSUTAYA DISCAS」の2つのサービスを利用すれば基本的にOKです。ぜひ,お得に作品を楽しんでくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です